スラムダンクにまつわる恐ろしい裏話・都市伝説!!

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

1990年から96年にかけてジャンプに連載された

 

バスケットボール漫画といえば、

 

スラムダンク」ですね。

 

この漫画を見てバスケットボールの選手になった人がいるほど、

 

多くの人の人生に大きな影響を与えた作品でもあります。

 

そんなスラムダンクには、多くの都市伝説が存在しているのですが、

 

ご存知でしょうか?

 

中でも特に有名なものを見て行きましょう!

 

  • リアルとスラムダンクの世界は繋がっていた!?
  • スラムダンクにお笑いコンビが登場していた??
  • 看板に作者のメッセージが込められていた!?
  • 連載終了は全国大会が始まる前に決まっていた!?
  • ゴリと晴子は兄妹じゃない??
  • スラムダンクは違うスポーツの内容にするつもりだった!?
  • スラムダンクの続編が存在する!?
  • スラムダンクが実写映画化されていた!?
  • アニメ100話に「助けて」の音声が入っていた!?

 

スポンサーリンク

 

リアルとスラムダンクの世界は繋がっていた!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

井上雄彦」先生は、スラムダンクの他に

 

もう一つのバスケットボール漫画を世に送り出したことでも知られています。

 

そのバスケ漫画は「リアル」という作品で、

 

障がい者バスケットボールを描いた珍しい作品です。

 

リアルの作品の世界は、どうやらスラムダンクと繋がっているようで、

 

各所にスラムダンクが登場するという都市伝説が広まっています。

 

たとえば、スラムダンクの中盤あたりに登場した

 

週刊バスケットボール」の記者である、

 

中村君がリアルの世界に登場しているのは有名ですね。

 

またリアルの病室でスラムダンクのアニメが放送されていた

 

とする説もあるので、両方の世界が繋がっているのではなく、

 

リアルの世界でもスラムダンクはフィクション扱いになっています。

 

「リアル」という題名そのものが、現実世界を意味しているので、

 

もしかしたら作者はそこにかけていたのかもしれませんね。

 

スラムダンクにお笑いコンビが登場していた!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

スラムダンクの主人公が通っている湘北高校は、

 

神奈川県のバスケットボール連盟に所属しており、

 

神奈川県大会のトーナメント表を確認できるシーンがあります。

 

そのトーナメント表を見ると、1回戦第五試合のところに

 

浜田高校VS松元高校」の試合になっています。

 

さらに第七試合に目を向けてみると、

 

南原高校VS内村高校」という組み合わせに。

 

この2つの試合の高校名、どこかで見覚えありませんか?

 

そうです、この4つの高校名は

 

ダウンタウン」と「ウッチャンナンチャン」の名前なんです!

 

どうしてこの名前のついた高校が登場しているのか、

 

多くの人が気になり作者に質問しました。

 

すると、「おそらく偶然だと思う」という回答が返ってきたのだとか。

 

偶然にしては出来すぎているので、

 

読者の多くは「おそらくお笑いが好きなんだろうな」

 

という解釈をしているようです。

 

スポンサーリンク

 

看板に作者のメッセージが込められていた!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

スラムダンクには作者のユーモアな部分

 

様々なところで採用されており、

 

それを発見するのも楽しい読み方と言えます。

 

神奈川県大会のトーナメント表に

 

お笑いコンビの名前の高校が入っているところから、

 

作者の小ネタ好きが伺えますよね。

 

さてこうした小ネタは他にも多く隠されているようですが、

 

看板」に作者のメッセージが込められている

 

という都市伝説が多くの反響を呼んでいます。

 

スラムダンクのキャラクターで名言を連発する、

 

安西先生」をイジる看板が用意されているそうです。

 

翔陽高校の長谷川が回想するシーンでは、

 

三井の後ろにある看板に「アンザイフライドチキン

 

と書かれた看板があり、似顔絵もしっかり描かれています。

 

さらに「とってもヘルシー!やすいぜよ!」

 

といったメッセージまで入っているのだとか。

 

これだけではなく、英会話塾の宣伝看板には、

 

あなたの勇気が受講料です」と書かれた看板もあったようです。

 

英会話の看板は後に違うメッセージに

 

切り替えられたようなので、本当のところは不明ですが…。

 

連載終了は全国大会が始まる前に決まっていた!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

バスケ漫画ですから、サザエさんなどとは違い物語が存在し、

 

それに沿って話が進んでいきます。

 

高校という限定された世界観の中で、

 

さらにバスケに特化した青春ストーリーということもあり、

 

かなり限定された状態。

 

こうなれば連載終了の時期や目途は

 

予め決まっていると予想されていましたが、

 

やはり連載終了はかなり前から決まっていたようです。

 

井上雄彦氏が周囲に漏らした話によれば、

 

全国大会が始まる前から最終回は決まっていたのだとか。

 

最初は全国大会優勝という形で終わろうとしたのですが、

 

それだと読者に「ああやっぱりね」と思われてしまうので、

 

それだけは避けようとしたとのこと。

 

そうして出来上がったのが、

 

山王戦を最後にして終了というストーリーでした。

 

しかしこれには一つ違う見方もあり、

 

それによるとどうやら作者は最後まで最終回をどうするか悩んでいたようです。

 

全国大会に優勝するというのが、

 

少年漫画の王道だと信じていたからですね。

 

しかし、結果的には山王戦を最後にするという話になりました。

 

スポンサーリンク

 

ゴリと晴子は兄妹じゃない!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

ゴリと晴子は兄妹という設定ですが、

 

あまりにも容姿が似ていませんよね。

 

さらに出身中学が違うという事実もあるので、

 

「この2人は兄妹じゃないのではないか?」

 

といった都市伝説が噂されるのも無理はありません。

 

しかし現実に兄妹関係でありながら、

 

出身中学が違うケースは少数ながら発生しています。

 

どちらの学校に行くかは自由に選べる所も多いからです。

 

また身体上など何かしらの都合により、

 

学区外でも申請をして許可されれば兄妹でも、

 

別々の中学校という状態は発生します。

 

ところがスラムダンクの世界では、

 

中学校が異なる理由などは述べられていませんし、

 

この状況に触れるエピソードもありません

 

兄妹で出身中学が違うとなれば、読者は疑問に思いますよね?

 

もしかしたら作者は、ここまで読者の心理を読み、

 

設定を考えたのではないかと推測する説もあるほどです。

 

ゴリという人気キャラクターの背景に、

 

作者の思惑が見え隠れしています。

 

スラムダンクは違うスポーツの内容にするつもりだった!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

バスケットボール漫画で一番成功した

 

と言っても過言ではないスラムダンクですが、

 

構想段階では違うスポーツの漫画にする予定だったようです。

 

というのもバスケットボールの漫画に需要がどこまであるか、

 

その当時はあまり自信がありませんでした。

 

どうせなら多くの人に愛される内容にしたかった作者は、

 

スマッシュボール」というテニスを題材にした内容にするつもりだったのだとか。

 

周囲の人や身近な子どもなどからアドバイスを貰うにつれ、

 

テニスはかなり複雑で難しいと判断。

 

単純明快なルールで人と人がぶつかるところに、

 

熱さ」を感じれるとの理由からバスケットボールにしたようです。

 

ところが最近になり、

 

「作者は最初からバスケットボールの漫画を描く予定だった」

 

とする声も、ネット上に投稿されるようになり、

 

どちらが本当なのか分からない状態に。

 

そのため今では都市伝説として、この話は流れています。

 

スポンサーリンク

 

スラムダンクの続編が存在する!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

スラムダンクの連載が終了してから、

 

今でいうところの「スラロス

 

に陥る読者が多数発生しました。

 

勉強や部活に力が入らず、どうもやる気が出ない生徒が続出し、

 

学校関係者が「どうにか続編を作ってくれませんか!」

 

と製作スタッフにお願いをしたほどです。

 

続編を望む声がありながらも、

 

作者は「気が向けば描こうと思うが、

 

一度終了した物語を再始動するつもりはない

 

と述べているところから、続編の希望は薄いと言えます。

 

しかしスラムダンクのその後を描いたとされる、

 

スラムダンク2」なるものが海外で作られ話題を呼びました。

 

作風が全く違うので、

 

井上雄彦先生は全く関与していないことは明らかでしたが、

 

情報が先行し「スラムダンク2が出た!」と大騒ぎする人も発生。

 

そのため、スラムダンク2が正式な続編として

 

知らない間に販売されたとする説が、一気に広まったのです。

 

スラムダンク2が海外で作られていることが判明し、すぐに批判が殺到。

 

今では手に取ることはできないそうです。

 

スラムダンクが実写映画化されていた!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

スラムダンクほどの人気漫画となれば、

 

実写映画化があっても不思議ではありませんよね。

 

劇場版アニメとして映画化はされましたが、

 

実写にまでは至らず人気のピークを過ぎた後も

 

実写映画化の話は浮上していませんし、する予定もないとのこと。

 

ところが「スラムダンクがいつの間にか実写映画化されていた

 

とする噂が、2000年代にネットを中心に広まり一時騒然に。

 

この実写映画化の話は、

 

中国でスラムダンクのコスプレをした集団のクオリティがあまりにも高く、

 

それが実写映画化と勘違いして誕生したものだと判明。

 

もし実写映画化になっていれば、

 

もっと世間が大騒ぎしているハズですし、

 

メディアでもバンバン情報が流れていたでしょう。

 

スポンサーリンク

 

アニメ100話に「助けて」の音声が入っていた!?

 

スラムダンク 安西先生 ゴリ 晴子 桜木花道

 

アニメ版スラムダンク第100話「奇跡の男・桜木花道!」の回に、

 

助けて」という音声が入っていると騒がれたことがあり、

 

当時は大きな話題になりました。

 

シーンは、桜木花道が会話をしている場面で

 

助けて」と聞こえるとのこと。

 

初回放送分のみに聞こえ、再放送やDVDなどでは聞こえず、

 

今では聞くのは不可能に近いそう。

 

「助けて」という声を聞いた人は、その日の夜激しくうなされ、

 

学校や会社を休んだとも言われています。

 

スラムダンクにまつわる都市伝説の中でも、

 

特に有名な9つについて見ていきました。

 

大人気作品だったので、細かい部分にまで

 

都市伝説が存在するという特徴がありますね。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

スラムダンクにまさかの続編!?の都市伝説に迫る!!
1990年から96年にかけてジャンプに連載されたバスケットボール漫画といえば、「スラムダンク」ですね。この漫画を見てバスケットボールの選手になった人がいるほど、多くの人の人生に大きな影響を与えた作品でもあります。そんなスラムダンクには、多くの都市伝説が存在しているのですが・・・