トムとジェリーにまつわる11の都市伝説と裏話

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

素早い猫とネズミがドタバタ劇を繰り広げるアニメで、

 

日本だけでなく世界中で大人気となったのが

 

トムとジェリー」ですね。

 

アカデミー賞を何度も受賞するなど、

 

その人気は衰え知らずですよね。

 

非常に有名だからなのかは不明ですが、

 

トムとジェリーには多くの都市伝説が存在します。

 

その中でも日本において有名な都市伝説について、

 

次から詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

トムとジェリーに隠された悲しい最終回とは!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

日本でもお馴染みで子どもを中心に大人気な、

 

トムとジェリー」ですが、実は悲しい最終回が隠されています。

 

トムとジェリーは「サザエさん」のように1話完結型で、

 

続きがあるような設定ではないため、

 

基本的に最終回が存在しません

 

ところがファンの間から、「実はこの回が最終回だったのでは?」

 

というストーリーがあるようで、すぐにこの噂が流れました。

 

最終回の流れは次のとおりです。

 

猫のトムは自分がそろそろ寿命なのだと悟り、

 

ジェリーの前から姿を消しました

 

猫は自分の寿命を悟ると、

 

自ら穴を掘りそこで命を終えるという習性を持っているようで、

 

トムもそれに従っているのです。

 

ジェリーは姿を消したトムが取る行動について

 

あらかじめ知っていたようで、

 

トムがもう最期を迎えたのだろうと感じていました。

 

そんなジェリーの前に、のろまなが1匹現れ、

 

ジェリーに噛みつきます。

 

ジェリーは致命傷を負いそこで気付くのでした。

 

「猫とネズミが仲良くなるなんて無理なんだ。

 

トムはわざとやられたフリをして、自分を逃がしてくれたんだな」と。

 

薄れゆく意識の中で、

 

最後にジェリーが感じたのは「心の痛み」だったのです。

 

何とも悲しい最終回ですね。

 

最初は「アンナとジョニー」というタイトルだった!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムとジェリーという名前で今では浸透していますが、

 

当初は「アンナとジョニー」という名前で検討していたようです。

 

ところが制作サイドが、あまりにも現実的な名前すぎて

 

多くの人が入り込めないのではないか?

 

といった意見が出たことから題名を考え直すことに。

 

そして次に出たのが、

 

ジャスパーとジェリー」でしたがこれも却下になり、

 

最終候補として挙げられていた「トムとジェリー」になったのです。

 

ちなみに、トムはスタッフが飼っていた猫の名前とのこと。

 

ジャスパー」は近所に住んでいた

 

野良猫の名前だったようですが、真相のほどは不明です。

 

スポンサーリンク

 

トムの正式名称は誰も知らない??

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

主人公とも言って良い猫の「トム」ですが、

 

正式名称をほとんどの人は知らないと言われています。

 

実は、トムの名前は「トーマス・キャット」と言い、

 

ほとんどの作品では「トム・キャット」となっており、

 

どら猫」を意味する名前として表記されているのです。

 

実は「トーマス・キャット」も略された名称で、

 

本当は「トーマス・アレキサンダー・キャット」だと

 

開発スタッフがネット上にて2010年ごろに暴露しました。

 

暴露した人物が本当にトムとジェリーの開発スタッフなのかはですが、

 

トムの正式名称にはいくつかの説があるのは本当のよう。

 

もしかしたら今後は、次々とトムの名称について

 

新事実が明らかになってくるかもしれませんね。

 

トムとジェリーはおしゃべりをする!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムとジェリーのアニメでは、

 

両方ともほとんど言葉を発することはありません。

 

しかし劇場版「トムとジェリーの大冒険」では

 

お互いが頻繁に会話をしていることが伺え、喋れる事実が判明。

 

それまでも、「トムとジェリーはどこかで意志疎通しているはずだ」や、

 

「トムはおそらく会話できると思うが、

 

ジェリーは無理だろう。理由はネズミだからだ

 

といった声が聞かれていました。

 

スタッフ側がこの議論に答えを出した形となったのです。

 

どうしてトムとジェリーがおしゃべりできるのかについて、スタッフが

 

「トムとジェリーは1人1人の心の中に住んでいます。

 

だから人間の言葉を発せるのです」

 

と回答したことも話題となりました。

 

スポンサーリンク

 

ブルドックの本当の名前とは!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムとジェリーの作品には、ブルドックが登場しますが、

 

作品によって名前がコロコロ変わっていることをご存知でしょうか?

 

  • スパイク
  • ゲリー
  • ブルー
  • キラー

 

このような名前が作品によって登場してきますが、

 

ブルドック息子は「タイク」という名前で統一されています。

 

では作品によって変わるブルドックの本当の名前は何なのでしょうか?

 

実は作品によって名前が変わっていたのは、

 

登場するブルドックは何と!すべて別キャラクターなのです!!

 

ソックリなので双子のような存在なのだろうと推測されており、

 

本当の名前は「作品に出てくる名前で正解」なのだそう。

 

トムとジェリーに登場するチーズは実在する??

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムとジェリーに出てくる大きなが開いているのが特徴のチーズは、

 

現実の世界にしっかりと存在するものだという説が流れています。

 

この作品に出てくるのは、「エメンタールチーズ」というもので、

 

別名「チーズの王様」とも呼ばれているようです。

 

香ばしい香りがするのが特徴で、

 

チーズ独特の臭みもなく食べやすいのが特徴で、

 

さらにネズミにとっては大好物

 

こうした見た目の特徴やネズミが好きという共通点から、

 

ファンの間では「エメンタールチーズがモデルになってるんだろう」

 

と噂されているのです。

 

しかし製作スタッフのインタビューによれば、

 

トムとジェリーに出てくるチーズは架空のもので、

 

実在はしていない」と話しているようで、

 

見解に食い違いが見られます。

 

どちらが本当だとしても、こうした噂が流れるぐらい、

 

エメンタールチーズにソックリだという事実は変わらないでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

二重人格?マッスルの秘密とは!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

ネズミのジェリーには「いとこ」がおり、

 

名前は「マッスル」と言います。

 

別名は「ミスターダイナマイト」と呼ばれており、

 

持前の行動力とネズミにしては素晴らしい肉体美を持っており、

 

大暴走するところからこの名前がついているのだとか。

 

さてこのマッスルですが、「トムとジェリー魔法の指輪」の作品内では

 

悪いネズミネズミとして登場しました。

 

そしてジェリーのいとこでは無いという設定になっているところもあり、

 

ファンの間では「どっちが事実なの?」といった声が多く聞かれるように。

 

実はマッスルは二重人格の性格をしているようで、

 

完璧に自分の中に2匹の自分がいることを認識しているのだとか。

 

いとこのマッスルと、「魔法の指輪」に出てきたマッスルは、

 

どちらも同じマッスルとの指摘もあります。

 

トムとジェリーに幽霊が出現!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムとジェリーを見ていた10歳の女の子が、

 

アニメを見ていたらトムの背後に幽霊がいた!

 

と友達に話したことがきっかけで、

 

幽霊説が爆発的に広がりました。

 

最初は女の子が何かを見間違えてそのような指摘をしたのだろう

 

と思われていましたが、女の子が目撃したというシーンを見返した多くの人が

 

幽霊の存在に気付くようになり大パニックに。

 

スタッフのところにも問い合わせが殺到し、

 

業務に支障が出る騒ぎにもなりました。

 

しかしスタッフが該当するシーンをいくら確認しても、

 

幽霊らしいものが映っている形跡がないのです。

 

女の子にホントのところを聞いても、

 

この件に関しては何も話したくないわ」と一点張り。

 

結局幽霊が本当にいたのか、

 

誰にも分からなくなり噂もあやふやな部分を多く残しながら

 

下火になり都市伝説として、今では伝わっているのです。

 

スポンサーリンク

 

「助けて!」と悲鳴が聞こえる!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムとジェリー魔法の指輪」を視聴していた20代の男性は、

 

物語の中盤、マッスルが登場しているシーン

 

助けて!」という声を聞き鳥肌が立ちました。

 

聞き間違いかもしれないと、

 

同じシーンを何度も繰り返し視聴したところ小さな声で

 

助けて!」と叫ぶ声が入っていたのです。

 

もちろん作品のストーリーから考えればそんなセリフがある訳もなく。

 

すぐさまこの噂は広がり、

 

ジェリーの心の叫びが聞こえているのでは」といった声が多く聞かれました。

 

スタッフも確認したようですが、「助けて!」という声は確認されず。

 

もしかしたら、聞き間違いの可能性も否定できませんが、

 

そんな最中悲劇は起こります。

 

最初に異変を感じた20代の男性は、

 

この一件から2か月後に「変死体」で見つかったのです!!

 

最期に彼が残したメッセージが、

 

「助けて」というものだったのだとか…。

 

ジェリーは動物の言葉すべてを理解できる!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

トムのライバルにして大親友の「ジェリー」ですが、

 

実は自分と同じ背丈の小動物から、

 

時にはライオンも懐かせるなど驚くべき能力を備えています。

 

どうしてジェリーはほとんどの動物を懐かせることが可能なのかについて、

 

ファンの間では色々と意見が出ていました。

 

その中で最近になり出てきたのが、

 

「ジェリーは動物の言葉すべてを理解できる」というもの。

 

たとえば、トムとジェリーの宝島では、

 

ジェリーが動物と会話をしているような描写が映し出されているのです。

 

何を話しているのかは不明ですが、

 

これは恐らく意思疎通を図っているのだろうと解釈されています。

 

こうしたことから、ジェリーは動物の言葉が

 

すべて理解できると指摘されてた訳です。

 

スポンサーリンク

 

トムとジェリーは風刺映画として制作された!?

 

トムとジェリー マッスル ブルドック スパイク

 

ドタバタ劇が印象的なトムとジェリーですが、

 

公開された当時は風刺物の短編作品としており、

 

子どもというより大人向けのアニメーションでした。

 

この当時は世界大戦の影響で

 

アメリカ国民は複雑な感情を抱いており、

 

世間の流れと異なる考え方や風俗がまん延している社会に対して、

 

メッセージを発する内容になっています。

 

そもそも、トムとジェリーとはアメリカとドイツの俗称であり、

 

ジェリー  アメリカ兵

 

トム  ドイツ兵

 

という解釈で、容赦ない「戦争」を引き起こした

 

とする意味も込められているのだとか。

 

もちろん当時のスタッフはこの件に関して公式に発表した訳ではなく、

 

観る側の解釈に任せるといったスタンスを取っていました。

 

すっかり子供向けとして定着しているトムとジェリーが、

 

社会的な背景を風刺する内容を目的としていたとしたら、

 

本来、大人が見るべきものなのかもしれませんね。

 

ここではトムとジェリーにまつわる、

 

有名な11個の都市伝説について見ていきました。

 

アメリカのみならず日本でも有名なアニメだからこそ、

 

ここまで多くの都市伝説が噂されているんでしょうね。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!