ネタバレ注意!ドラゴンボールにまつわる都市伝説!!

ドラゴンボール ブルマ 天津飯 孫悟空 カメ仙人 ランチ

子どもから大人まで大人気の王道少年漫画、 「ドラゴンボール」は本当に国民的アニメですよね。 連載初期から、地球、ひいては宇宙の平和を守るため、 孫悟空をはじめとした戦士たちが戦いを通じて 強くなっていく姿を描いたところが斬新でしたよね。 そんなドラゴンボールには、 様々な都市伝説が存在しているのですがご存知でしょうか? 「まさか!」と思えるような説も多いようですが、 ドラゴンボールの都市伝説はどんな内容なのでしょうか? ドラゴンボールは、かなりの数の都市伝説が誕生していますが、 その中でも特に有名なものを見て行きましょう。
  • アルファベットに隠された意味とは!?
  • ランチが登場しなくなった驚きの理由とは!?
  • すべては亀仙人のだった!?
  • 実は日本にもドラゴンボールがあった!!

スポンサーリンク

アルファベットに隠された意味とは!?

ドラゴンボール ブルマ 天津飯 孫悟空 カメ仙人 ランチ

ドラゴンボールZ」が放送された後、 「ドラゴンボールGT」がスタートしました。 GTによりドラゴンボールのシリーズは終了しており、 GTは「Grand Touring(壮大な旅)」の略だと 「鳥山明」先生がインタビューで答えているようです。 ところが都市伝説では、 アニメの制作側がGTという名称を付けたと主張しており、 どちらが本当なのか分からない状態が続いています。 鳥山先生はドラゴンボールZという名称を付けたのには、 特別な理由があったそうですね。

ドラゴンボール ブルマ 天津飯 孫悟空 カメ仙人 ランチ

アルファベットのZは、一番最後ですから、 「ドラゴンボールはZでもうおしまい!」 という強い気持ちを込めました。 ドラゴンボールZが終了すると、 視聴率がとても良かったことからアニメ制作側が、 「もう1期だけ続けてくれませんか?」 と強くお願いしたそうですが鳥山先生は固辞したのだとか。 「Z」で終了だから、これ以降を作る気にはなれなかったんですね。 アニメ制作側はそこで引き下がれば良かったものの、 なんと!諦めることができず鳥山先生に無断で続編を制作したのです。 そして完成したのが、全く新しい「ドラゴンボールの世界」 だと評判の「GT」なんですね! 作者に無断で続編を作ってしまったことを詫びるため、 名称を「GT(ごめんなさい、鳥山先生)」にしたのだとか。 アニメ制作側の謝罪の気持ちが、 タイトルに付けられているというこの都市伝説は、 あまりにも有名なので知っている人も多いのではないでしょうか? 結局どっちの言い分が正しいのかは分からないので、 真相は闇の中なんですが。。。 作者の気持ちを考えると、勝手な所はほんと謝ってほしいですよね。

ランチが登場しなくなった驚きの理由とは!?

ドラゴンボール ブルマ 天津飯 孫悟空 カメ仙人 ランチ

ドラゴンボール初期の頃から登場している、「ランチ」という女性を覚えているでしょうか? 「くしゃみをすると性格が入れ替る」という特徴を持つ、 印象に残りやすい女性なんですよね。 物語序盤では頻繁に登場し、 敵キャラを困惑させるほどの性格の違いを披露させたものですが、 物語が進むにつれて登場回数が減っていき、 ついに全く姿を見せなくなりました。 どうして姿を見せなくなったのかについては、 「声優が忙しくなった」とか、 「作者が存在を忘れた」などの説が流れていますが・・・ その中でも一番有力だとされているのが、 「解離性性同一性障害」の団体からクレームがきたので、 登場させなくしたという説が有力なようです。 ランチを登場させてからすぐに抗議が入り、 最初は無視をしていたようですがその声は強くなるばかり。 鳥山明先生としても、ランチは今後も活躍を期待していたキャラなだけに、 簡単には要求を受け入れられなかったと言います。 しかし抗議の声が大きくなってくきたのもあり、 「天津飯」を追いかけて行方不明という設定にし、 そのまま姿を現さないようにしたのです。 人気作品になれば多くの人に視聴されることになるので、 様々なクレームが来るのでしょう。 ランチが登場しなくなったのが、 「障害」に苦しむ人々からの抗議の声だとするなら、 非常に驚きな理由ですよね。

スポンサーリンク

すべては亀仙人の夢だった!?

ドラゴンボール ブルマ 天津飯 孫悟空 カメ仙人 ランチ

悟空とクリリンの修行を受け持っていた「亀仙人」は、 に包まれた人物であることは間違いありません。 戦闘能力も未知数ですし、 過去にどんな経験をしてきたのかも分かっておらず、 表向きは「スケベジジイ」を上手に演出していますよね。笑 そんな亀仙人の都市伝説に、 「ドラゴンボールの物語はすべて亀仙人の夢だった」 という衝撃的なものがあるのです。 本来の亀仙人は病弱で寝たきりの生活を常に送っており、 娘の介護を受けていました。 以前は周囲が羨むほど筋肉隆々で、 向かうところ敵なしの武闘家だったので、 そのギャップに本人が一番驚いています。 そんな亀仙人の楽しみは、 夢の中で出てきた自分の弟子を育てるということなったとか。 夢に出てきた弟子こそが、悟空クリリンだったのです! そこから続く物語はすべて亀仙人の夢の中でのストーリー。 セルやフリーザ、魔人ブウなどのボス的扱いの存在も、 亀仙人が作り上げた想像上の人物ということになってしまうのですが。。。。

スポンサーリンク

実は日本にもドラゴンボールがあった!?

ドラゴンボール ブルマ 天津飯 孫悟空 カメ仙人 ランチ

ドラゴンボールの物語に登場する「ドラゴンレーダー」は、 7つのドラゴンボールを集めるために開発された機械です。 実は現実にドラゴンレーダーを開発した人がいるようで、 実際の地球上にも7つ確かにドラゴンボールが存在するのだとか。 場所は毎回誰かが回収しては願いを叶えて飛び散っていくので、 ずっと同じ所という訳ではないようです。 ただし、ここ200年間は場所に変動はなく、 「日本にも4個のドラゴンボール」があると言います。 場所は、東京に2個、北海道と大阪にそれぞれ1個ずつ。 200年間も見つかっていないので、 探すのは非常に困難だと言えるでしょう。 この都市伝説にはまだ続きがあり、 2013年頃に東京の下町にあるラーメン屋に、 ドラゴンボールが置かれているのを発見した人がいて騒ぎになりました。 店の店主はそれがドラゴンボールであることには気づいていない様子で、 「店のインテリア」として用いていたようです。 これで1個のドラゴンボールの場所は分かりましたので、残りは3個ですが。。。 根気よく探せば見つかるかもしれませんね。^^; ドラゴンボールの都市伝説の中でも、 特に有名だとされる4つについて紹介しました。 ドラゴンボールの世界を全否定する内容が含まれているなど、 バラエティに富んでいることが分かりますね。 引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!