マルボロって怖い…マルボロに隠された都市伝説!!

マルボロ 都市伝説 KKK ロスチャイルド家 カエサル ブルータス VINI VIDI VICI フィリップ・モリス Marlboro

 

タバコ製造会社、

 

フィリップ・モリス社」が手がけるブランドに、

 

Marlboro マルボロ」がありますね。

 

喫煙者にとってみれば馴染みのあるパッケージですから、

 

名前だけでも聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

実はこのマルボロには、

 

奥の深い都市伝説があるのだとか。

 

マルボロに関しては、いくつか都市伝説があるのですが、

 

そのなかでも有名なものを見て行きましょう!

 

  • パッケージ中央デザインの秘密とは!?
  • ロゴマークは差別表現!?
  • パッケージに隠されたメッセージとは!?

 

スポンサーリンク

 

パッケージ中央デザインの秘密とは!?

 

マルボロ 都市伝説 KKK ロスチャイルド家 カエサル ブルータス VINI VIDI VICI フィリップ・モリス Marlboro

 

マルボロのパッケージに表記されている

 

ロゴマークの少し上部に、二頭の馬と王冠、

 

そして「VINI VIDI VICI」という文字が目に付きます。

 

この文字列はラテン語で、

 

「我来たり、我見たり、我勝った」

 

という意味で、

 

腹心のガイウスマティウスに送った戦勝報告なんですが、

 

歴史上でも有名な共和政ローマ後期の政治家、

 

軍人でもあり分筆家と多彩な才能の持ち主、

 

ガイウス・ユリウス・カエサル

 

英語読みでは「ジュリアス・シーザー」で有名ですよね。

 

信頼を寄せていた部下「ブルータス」に

 

命を奪われて「ブルータスおまえもか」の言葉は有名ですよね。

 

あとは「賽は投げられた」とか要所で明言をするお方です。^^;

 

どうして、こんな悲惨な最期を遂げた政治家の名言を、

 

デザイン上に組み込んだのかに包まれていますが。。

 

しかしデザイン全体を見てみると、

 

採用した意味が理解できます。

 

マルボロ 都市伝説 KKK ロスチャイルド家 カエサル ブルータス VINI VIDI VICI フィリップ・モリス Marlboro

 

馬二頭が王冠を支えているようなデザインをよく見ると、

 

ロスチャイルド家」の家紋と非常に似ているのです。

 

というより、上の写真と比べて見て下さい。

 

ほぼコピーデザインだと思いませんか?

 

そんなことから、フィリップ・モリス社を裏で操っているのは、

 

ロスチャイルドだとも指摘されています。

 

ロスチャイルドが自分の存在感をアピールするために、

 

カエサルの名言を用いているとすれば納得できるのではないでしょうか?

 

また、デザインを遠くから眺めると

 

背後が白い三角形の頂点」に見えます。

 

これはイルミナティのシンボルである、

 

ピラミッドの目」にソックリです。

 

スポンサーリンク

 

ロゴマークは差別表現!?

 

マルボロ 都市伝説 KKK ロスチャイルド家 カエサル ブルータス VINI VIDI VICI フィリップ・モリス Marlboro

 

マルボロのタバコのパッケージを全体的に見てみると、

 

とてもシンプルで分かりやすいと感じますよね。

 

一番目につくのは、パッケージの中央部に

 

大きく書かれている、「Marlboro」の文字。

 

それは商品名だから目立つのは当たり前かもしれませんが、

 

この「Marlboro」の表記に違和感を感じませんか?

 

よく見ると、

 

 

3文字が縦長にデザインされているのです。

 

どうしてこの3文字だけが、

 

異様なたて長書式になっているのでしょうか?

 

その背景には恐ろしい理由が

 

隠されているというのが、都市伝説の内容です。

 

縦に異様に長くなっている3文字の理由を解明するには、

 

ロゴの文字を逆さにしてみる必要があります。

 

文字を逆さにして下に飛び出している部分

 

以外の文字を隠してみると、

 

首を吊ったようなシルエット」に見えてくるのです。

 

これは、「首を吊っている黒人を見て、勝ち誇った白人

 

を意味していると言われています。

 

このシルエットから、どうしてそこまで

 

詳細な部分が分かってくるのでしょうか?

 

そこを知るためには、パッケージを横にして

 

赤い部分を確認してみると良いでしょう。

 

マルボロのパッケージには、

 

K」の文字が3つほど隠れていることが分かります。

 

これは、「KKK(白人至上主義組織)

 

イニシャルなんだとか。

 

白人至上主義は、人種の中で白人が一番優れており、

 

世の中を支配するのに白人が相応しいと考えている集団です。

 

それらは黒人を嫌う傾向があり、

 

首を吊っている黒人を見ている白人の図だと説明できる訳です。

 

スポンサーリンク

 

パッケージに隠されたメッセージとは!?

 

マルボロ 都市伝説 KKK ロスチャイルド家 カエサル ブルータス VINI VIDI VICI フィリップ・モリス Marlboro

 

先ほど出てきた、「KKK(白人至上主義組織)」ですが、

 

これはアメリカに存在するごく少数の富裕層から

 

組織されており、大本営は「ロスチャイルド」だと言います。

 

ですからパッケージ中央部分のデザインが、

 

ロスチャイルドの家紋とソックリなんですね。

 

これらを総合的に判断すると、

 

マルボロはロスチャイルドがタバコを通じて

 

世界に向けてメッセージを送っています。

 

それは、「世界は我々がコントロールしている。

 

そのとして君たちは踊ってくれれば良いのだ」というものです。

 

「KKK(白人至上主義組織)」も、

 

ロスチャイルドの手先で駒のように動いているだけに過ぎません。

 

本人たちは、白人が人種の中で一番優れている

 

と思っていますが、それはロスチャイルドからの洗脳です。

 

本来はロスチャイルドが世界をコントロールするのを目的として、

 

ある程度の影響力があるKKKを使い、

 

世界に向けて隠れたメッセージを発信しています。

 

マルボロは海外のタバコですが、

 

吸わない人でもパッケージぐらいは見たことがある人も多いでしょう。

 

それだけ影響力の強さが出ており、

 

知らないうちにロスチャイルドのメッセージを受け取っている訳です。

 

実に巧妙な方法と言えるでしょう。

 

マルボロのデザインやロゴには謎が多く隠されているんですね。

 

これらをひも解いていくと、信じられない現実が出てくるかもしれません。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

日本が深く関係?ラッキーストライクにまつわる都市伝説!!
日本でも愛飲されているタバコとして有名なのが、「ラッキーストライク」ですよね。一般的に販売されているタバコよりも、味が独特なので好き嫌いがあるとの意見も目立ち・・・