ポケモン裏話!ゲンガーにまつわる都市伝説!!

ゲンガー 都市伝説

 

ポケモン初期から登場する人気モンスターが、

 

ゲンガー」ですね。

 

ゴースト系のモンスターで、様々な特徴を持っているため非常に強く、

 

使用していた人も多いことでしょう。

 

そんなゲンガーには、いくつかの都市伝説が存在するのですが、

 

ご存知でしょうか?

 

子供向けゲームとは思えないと言われる、

 

ゲンガーの都市伝説とはどんな内容なのでしょうか?

 

ゲンガーはその容姿や特殊能力から、

 

常に様々な都市伝説が噂されてきました。

 

中でも特に有名で、長く語られている説を見て行きましょう。

 

  • ゲンガーはピクシーのドッペルゲンガー!?
  • 鳴き声に隠された意味とは!?
  • サトシのが生んだポケモンだった!?
  • ゲンガーは主役の予定だった!?

 

スポンサーリンク

 

ゲンガーはピクシーのドッペルゲンガー!?

 

ゲンガー 都市伝説

 

ゲンガーはゴースト系モンスターである、

 

ゴース」、「ゴースト」の進化形です。

 

ゲンガーの進化前のゴースは、身長が1.3m、体重が0.1s

 

それに対して、ゲンガーへと進化したら、身長が1.5m、体重が40.5kgと大幅増。

 

身長はあまり変わらないのに、

 

体重だけが40.4kgもの差が生じているのです。

 

ゲンガー 都市伝説

 

進化前と後であまりにも体重が変わっているので、

 

「ひょっとすると、ゲンガーは違うポケモンに憑りついたのではないか?」

 

と噂されるように。

 

ゲンガーのシルエットに比較的似ているモンスターを、

 

図鑑から探してみると「ピクシー」というモンスターに辿りつく。

 

容姿やポーズなどがソックリなだけでなく、

 

体重も40.0kgとゲンガーとほとんど同じ

 

さらに、ピクシーとゲンガーは図鑑内容における、

 

出現場所や分布図などがすべて同じなのです。

 

これは偶然と言えるのでしょうか?

 

制作側が意図的に作らなければ、ここまでの一致は見られないでしょう。

 

鳴き声に隠された意味とは!?

 

ゲンガー 都市伝説

 

ポケモン図鑑を操作すると、ゲンガーの鳴き声を聞くことができます。

 

実はゲンガーの鳴き声にも、不気味な都市伝説が隠されているのです。

 

というのも、ゲンガーの鳴き声をスローモーションで聞いてみると、

 

なかはし こうよう」と聞こえるそう。

 

人の名前のようにも聞こえますが、実はポケモンの製作者の1人に、

 

中橋 紅葉」という人物がいたのだとか。

 

ゲンガーを発案した張本人ですが、

 

不慮の事故により亡くなったとされています。

 

ではどうしてゲンガーを発案した本人だと、

 

外部の人間が分かるのでしょうか?

 

ポケモンのゲームの世界に、「セントアンヌ号」という船があります。

 

なみのり」を使って船の近くまで行き、

 

アクションボタンを押すと船に描かれているローマ字を読めるのです。

 

そこには、「GENGA HA NAKAHASHI KOUYOU DAYO

 

と書かれているのだとか。

 

普通に読めば、「げんがは、なかはしこうよう だよ」となりますね。

 

ここで指摘されているげんがは、

 

原画(げんが)」と、「ゲンガー」の2つの意味を持っているとも言われます。

 

もしかしたら、亡くなったゲンガー発案者の気持ちを

 

鳴き声に入れていたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

サトシの心が生んだポケモンだった!?

 

ゲンガー 都市伝説

 

ポケモンの主人公として数々の試練を乗り越えていくのが、

 

サトシ」ですね。

 

サトシが生まれ育ったマサラタウンには、

 

ライバルとして登場するオーキド博士の孫

 

シゲル」がいます。

 

シゲルは勝ち気な性格をしていて、

 

どんな相手に対しても強気の姿勢を示し、

 

それはサトシに対しても例外ではありません。

 

一方のサトシは今でこそ精神的な強さを手に入れましたが、

 

幼少の頃は気が弱く逆らえない性格でした。

 

そんなサトシを毎日のようにシゲルはイジメていたのです。

 

ゲームの世界ではあまり触れられませんが、

 

ライバルとしてポケモン勝負をした時も、

 

サトシがシゲルに勝つとシゲルは暴力を振るっていたのだとか。

 

タケシや仲間が止めに入ってようやく収まるほどで、

 

サトシは抵抗できないでいました。

 

こうした毎日が続けば誰でも精神的に追いやられてしまうことは、

 

簡単に想像できますよね?

 

精神的な疲れがピークに達したサトシは、突如として発狂。

 

すると口から黒い塊を出してきて、ゲンガーが誕生したのです。

 

サトシの心が生んだ負のエネルギーを餌とする、

 

新種のポケモンこそゲンガーそのもの。

 

ポケモン図鑑で見ると、ゲンガーの体重は40kg程度ですが、

 

これはサトシとあまり変わりません(サトシは50kg)

 

主人公の邪悪な心が生んだ、悲しいポケモンなんですね。

 

ゲンガーは主役の予定だった!?

 

ゲンガー 都市伝説

 

サトシが一番大切にしているポケモンといえば、

 

ピカチュウ」ですね。

 

もはや主人公と言っても良いような活躍を見せており、

 

子どもから大人にかけて幅広い層に人気があります。

 

そんな主役扱いを受けているピカチュウですが、

 

元々はその席はゲンガーになる予定だったとする都市伝説があるのです。

 

ポケモンレッドやグリーンなど、初期を制作していたころ、

 

どのポケモンを主役にさせるか会議が開かれました。

 

最初から候補に挙がっていたのは、以下のポケモンです。

 

  • ピカチュウ
  • ポッポ
  • コイキング
  • ゲンガー

 

151匹いる中から選ぶ作業は非常に大変で、

 

何日もかけて絞り込んでいきました。

 

最終的に上記に挙げた4候補が選ばれ、

 

スタッフの投票によって1匹を選ぶことに。

 

得票数ではゲンガーが15票、ピカチュウが14票と接戦。

 

残り2人のスタッフも、ゲンガーに入れるつもりでしたが、

 

連日続く会議で疲労困憊のなか、

 

間違ってピカチュウに投票しちゃったのです。

 

その結果、本当ならゲンガーが主役になるところ、

 

ピカチュウがその座に就くことになったということです。

 

ゲンガーにまつわる都市伝説の中でも、

 

特に有名な4つについて見ていきました。

 

多くの都市伝説が存在するという点から、

 

子どもから大人まで人気が高いのだということが分かりますね。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

ポケモンにまつわる都市伝説!ピカチュウの裏話と謎とは!?
日本初の大ヒットゲームとして、世界各国に普及したのが「ポケモン」ですね。子どもだけでなく、大人にも受け入れられアニメや漫画などにもなりました。そんなポケモンには、いくつかの都市伝説が隠されているのですがご存知ですか?子ども向けとは思えない都市伝説も多いよう・・・