日本が深く関係?ラッキーストライクにまつわる都市伝説!!

ラッキーストライク 都市伝説 フリーメイソン バングラディッシュ

 

日本でも愛飲されているタバコとして有名なのが、

 

ラッキーストライク」ですよね。

 

一般的に販売されているタバコよりも、

 

味が独特なので好き嫌いがあるとの意見も目立ちます。

 

そんなラッキーストライクですが、

 

命名された由来やパッケージに関して都市伝説があるようです。

 

そのラッキーストライクにまつわる都市伝説とは、

 

どのようなものなのでしょうか?

 

ラッキーストライクの都市伝説はいくつかありますが、

 

中でも有名なものを見て行きましょう!

 

  • ラッキーストライクが名付けられた理由とは!?
  • 他にも攻略しようとした国があった!?
  • パッケージが決まった理由とは!?
  • 日本人に浸透した理由とは!?

 

スポンサーリンク

 

ラッキーストライクが名付けられた理由とは!?

 

ラッキーストライク 都市伝説 フリーメイソン バングラディッシュ

 

 

今でこそラッキーストライクと気軽に呼んでいますが、

 

その名前が付けられた理由が結構恐ろしいのです。

 

ラッキーストライクは直訳すれば、「幸運の直撃」となります。

 

このタバコが登場した頃、

 

世界は第二次世界大戦末期でした。

 

西暦1945年8月に広島に原爆を投下した、

 

B-29のパイロット」がかなり興奮しており

 

ラッキーストライク!」と叫んだのが、

 

このタバコの命名の由来になったのだとか。

 

その証拠に、ラッキーストライクの

 

パッケージを横向きにしてみると、

 

横長の長方形の中央部分に

 

赤い丸」が描かれているのですが、

 

コレって何だと思いますか??

 

そう、「日本国旗」なんです。

 

日本国旗のようなパッケージの真ん中に、

 

「ラッキーストライク」のロゴが入れられているところを見ると、

 

日本を完全に制圧した」と捉えられなくもないでしょう。

 

つまり、ラッキーストライクは日本に戦争で勝利したことを

 

記念して命名されたと言っても過言ではありません。

 

もう一つのラッキーストライクの命名理由とは!?

 

ラッキーストライクと名付けられた理由は、

 

原爆を落として日本に完全勝利した記念という

 

都市伝説を紹介しましたが、これ以外にも説があります。

 

それは肺がん率が高いタバコだからというもの。

 

ラッキーストライクはニコチンの量が他のタバコに比べて多く

 

肺がんで亡くなる可能性が高いのだとか。

 

そのため、せめて名前だけでも明るくしようということで、

 

「ラッキーストライク」と名付けたのです。

 

ただし、最近の研究によればラッキーストライクも、

 

他のタバコも肺がん率に違いは見られませんでしたので、

 

この都市伝説は廃れつつあります。

 

スポンサーリンク

 

他にも攻略しようとした国があった!?

 

ラッキーストライク 都市伝説 フリーメイソン バングラディッシュ

 

ラッキーストライクといえば、

 

80年代からバイクレースのスポンサーで、

 

バイクのカラリングにも使われていたという事もあり、

 

イメージは「白地に赤丸」なんですが、

 

昔、「緑地に赤丸」というのがあったのをご存知でしょうか!?

 

このカラリング、先の日本をイメージしたように、

 

緑に赤丸と言えば、そう!!

 

バングラディッシュを攻略しようと考えられていたのでは!?

 

という都市伝説があったのですが、

 

これは、昔、紙パックではなく、缶に入ったものがあり、

 

その缶に塗装を施す際に、

 

そのカラーが一番安く上がったからなんだとか。

 

私も実物を写真で見ましたが、

 

その緑色というのが、戦車とかに使われるような緑なんです。

 

もしかしたらそのまま流用していたのかもしれませんね。

 

色々戦争に絡めてバングラディッシュ攻略説が出ていましたが、

 

発売された1942年ごろにはバングラディッシュ自体がありませんので、

 

ただのデマだったという事が分っています。

 

パッケージが決まった理由とは!?

 

ラッキーストライク 都市伝説 フリーメイソン バングラディッシュ

 

ラッキーストライクのパッケージが決まった理由に関しても、

 

都市伝説が存在しています。

 

これは先ほど登場した、「日本に勝利した」というものとは

 

違ったエピソードになります。

 

アメリカ合衆国がある土地は、

 

元々原住民の「インディアン」が居住していました。

 

イギリスから逃れた集団が船旅の末に見つけた土地を、

 

我々の土地」と名付け先住民族である

 

インディアンを追い出してしまったんですね。

 

当時の時代背景を考えれば、

 

それは自然なことだったのかもしれませんが、

 

その時の追い出し方があまりにも冷酷だと

 

判明されてきてからはアメリカ人の中に

 

罪悪感を感じる人も出てきました。

 

そうした人は寝ていると「夢にインディアンが登場」しては、

 

うなされたようで、亡霊の念を鎮める必要があると判断したのです。

 

そこでラッキーストライクのタバコのパッケージに

 

インディアンのデザインを施し、

 

貴方たちのことは忘れない

 

というメッセージを残したのだとか。

 

なぜタバコのパッケージで鎮魂が出来るのかが不明ですが・・・

 

あと、インディアンにはもう一つのつながりがあり、

 

旧デザインのパッケージには、

 

側面上部に「インディアンの顔」のようなマークがあったのですが、

 

このマーク、インディアンが見える方向から横にしてみると・・・

 

ラッキーストライク 都市伝説 フリーメイソン バングラディッシュ

 

家が爆撃か何かを受けて「爆発している」ように見えるのだ。

 

だまし絵のような感じだけど、そもそもタバコって、

 

置く向きに正しい方向が無いので、どちらとも取れますが、

 

パッケージも変わってしまい今では真相はいかに・・・ですね。

 

スポンサーリンク

 

日本人に浸透した理由とは!?

 

ラッキーストライク 都市伝説 フリーメイソン バングラディッシュ

 

ラッキーストライクがどうして日本に浸透するようになったのか、

 

不思議に感じる人もいるのではないでしょうか?

 

戦勝国アメリカが日本のタバコ市場を広げるために投入され、

 

日本でも認知度が高くなったというのが一般的な答えです。

 

しかしそれは表向きであり、

 

裏では別の理由があるというのが、

 

この都市伝説が示している点です。

 

戦争に負けた日本という表向きの歴史ではなく、

 

裏側を覗いてみると見え方は大きく違っています。

 

戦争が世界的に広がりを見せていた第二次世界大戦を、

 

どうにか続いてほしいと思っていた組織があります。

 

それは「軍産複合体」です。

 

彼らは戦争特需を一番受ける組織だったので、

 

アメリカが日本に核爆弾を投下するのを

 

どうにか止めさせようとしました。

 

しかしその願いも虚しく、

 

原爆は投下され戦争が終結したのです。

 

この時、アメリカ政府は軍産複合体からの圧力と、

 

フリーメイソン」からの圧力の両方を受けていました。

 

どちらに加担したほうが得かを考えたアメリカ政府は、

 

フリーメイソンの指示に従うことに。

 

フリーメイソンが戦争を終結させたかった理由の一つに、

 

たばこ市場の開拓」があったのは有名な話。

 

戦勝国アメリカを自由に操れるフリーメイソンは、

 

敗戦国日本のタバコ市場を広げるようにと指示を出しました。

 

そこで投入されたのが、「ラッキーストライク」だったんですね。

 

ラッキーストライクにまつわる都市伝説について、

 

いくつか見ていきました。

 

命名理由やパッケージの成り立ちなど、

 

タバコにも色んな歴史があるんですね!!

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

マルボロって怖い…マルボロに隠された都市伝説!!
タバコ製造会社、「フィリップ・モリス社」が手がけるブランドに、「Marlboro」がありますね。喫煙者にとってみれば馴染みのあるパッケージから、名前だけでも聞いたことがある人も多いのではないで・・・