秘密結社が深く関与!【千円札】に隠された都市伝説!!

千円札 野口英世 シナイ山 逆さ富士 富士山 ロックフェラー医学研究所

 

日本人なら誰もが使用しますよね、

 

千円札」。

 

そこに描かれている人物は、

 

どれも「偉人」と称えられている者で、

 

現在は「野口英世」ですね。

 

千円札に描かれている人物や、

 

景色などはすべて計算されて作られています。

 

偽札を作らせないために、

 

最新技術を導入した紙幣は

 

最高技術の紙切れ」とも表現されるほど。

 

作成過程はもちろん秘密なので、

 

そこに関しての都市伝説も多いです。

 

千円札にまつわる都市伝説の中でも、

 

特に有名なものを見て行きましょう!

 

  • 野口英世はフリーメイソン!?
  • 千円札に描かれているのは富士山じゃない!?
  • 日本人を洗脳するために千円札は作られた!?

 

スポンサーリンク

 

野口英世はフリーメイソン!?

 

千円札 野口英世 シナイ山 逆さ富士 富士山 ロックフェラー医学研究所

 

野口英世」は日本を代表する細菌学者で、

 

様々な偉業を達成してきた

 

紛れもない偉人ですよね。

 

日本人が多く目にする紙幣に

 

描かれるだけの功績を残してきたのは、

 

だれの目からも明らか。

 

紙幣に描かれるのは当然としても、

 

その人物そのものに都市伝説が存在するのだとか。

 

というのも、「野口英世」は世界に影響力を与える

 

フリーメイソンの一員だと言われているのです。

 

野口英世は、「ロックフェラー医学研究所

 

と呼ばれる場所の研究筋でした。

 

ロックフェラー医学研究所」は、

 

ロックフェラー財団が権力を保持することを目的として

 

ナチスの関係者に対して

 

資金提供をしていた過去を持っています。

 

大きな権力である、ロックフェラー財団の

 

後ろ盾があったからこそ、野口英世は

 

世界的な活躍ができたのです。

 

このロックフェラー財団の幹部は、

 

全員フリーメイソン会員だと言われています。

 

ということは、野口英世が何かしらの形で

 

フリーメイソンと接触していた可能性は十分にあり、

 

噂によれば会員になったとも。

 

フリーメイソンであれば、千円札のデザインに

 

起用されるのも納得できますね。

 

ちなみに、

 

  • 福沢諭吉
  • 夏目漱石
  • 新渡戸稲造

 

はフリーメイソン会員なんだそうです。

 

日本にもフリーメイソンがたくさん居るなんて、

 

ほんとスケールが大きいですよね。

 

野口英世の顔部分を半分に折ってみると…

 

千円札 野口英世 シナイ山 逆さ富士 富士山 ロックフェラー医学研究所

 

千円札で野口英世の顔の部分を

 

半分に折ってみると、

 

左側は明るく普通ですが、

 

右側には浅黒く、とても日本人には

 

見えない顔が浮かび上がります。

 

しかも眉毛の書き方のタッチが明らかに違いますし、

 

髪型も左右で大きく異なります。

 

日本人ではなく、どちらかと言えば

 

ユダヤ人のような顔に見えなくもありません。

 

フリーメイソンが裏で操っているという証拠だ

 

との声が、ネットを中心に広がっていますが、

 

ここまで違うとさすがに信じたくもなりますよね!?^^;

 

半分シリーズは他にもあります。

 

漢字の千の部分に鏡を縦に置くと鳥居のマークになったり、

 

富士山がある面の印鑑部分に同じく縦に鏡を置くと、

 

真ん中に「米、開・一・目」と表れ、

 

「アメリカ?開く一つの目」となり、

 

フリーメイソンのシンボルではないか?とのことです。

 

その右端にも1000YENの下に「666」が隠されていたり、

 

千円札はフリーメイソンが

 

洗脳を表現する場という事が分ります。

 

スポンサーリンク

 

千円札に描かれているのは富士山じゃない!?

 

千円札 野口英世 シナイ山 逆さ富士 富士山 ロックフェラー医学研究所

 

千円札に描かれている「富士山」は、

 

日本を代表する世界遺産として有名ですよね。

 

紙幣にデザインされている山を、

 

これは富士山」と言われれば、

 

誰が見ても納得できることでしょう。

 

というか、そこまでじっくり見たことが

 

無い人の方が多いのではないでしょうか?

 

しかし千円札に描かれている山は、

 

富士山ではないという指摘が古くからあります。

 

千円札の富士山は

 

逆さ富士」というもので、

 

湖に富士山が写っているところから

 

このように名付けられています。

 

ところが湖に浮かぶ山をよく見ると、

 

対となる富士山とは形が大きく違っているのです。

 

並べてみるとハッキリ分かりますので、

 

2枚逆向きに並べてみて下さい。

 

何ということでしょう!!湖に浮かぶ山と、

 

描かれている山は別物です!!

 

普通に描かれているほうは富士山で間違いないようですが、

 

湖に浮かぶ山は「シナイ山」だと指摘されています。

 

千円札 野口英世 シナイ山 逆さ富士 富士山 ロックフェラー医学研究所

 

シナイ山とは、モーゼが「十戒」を受けたことで有名な山で、

 

フリーメイソンの聖地とも呼ばれる山。

 

日本人を無意識のうちに

 

コントロールしようとするのが、フリーメイソンの目的。

 

千円札にシナイ山が描かれているなんて

 

夢にも思わないでしょうから、

 

フリーメイソンの作戦は成功していると言えます。

 

野口英世がフリーメイソン会員だという説も、

 

この都市伝説によって説得力が増しますよね?

 

スポンサーリンク

 

日本人を洗脳するために千円札は作られた!?

 

千円札 野口英世 シナイ山 逆さ富士 富士山 ロックフェラー医学研究所

 

先ほども少し出てきましたが、

 

日本人を洗脳するために

 

現在のデザインが採用されました。

 

フリーメイソンは優秀なユダヤ人を頂点として

 

機能している秘密結社

 

世界を裏でコントロールしようとする

 

フリーメイソンにとって、

 

最大の脅威となっているのが日本です。

 

優秀で結束力のある日本人に、

 

今まで経験したことのない危機意識

 

フリーメイソンは抱いています。

 

またフリーメイソンの患部「イルミナティ」は、

 

天皇に絶対逆らえない」と噂されており、

 

そのことも日本人に脅威を感じている

 

理由の一つだと言われているのです。

 

天皇には特別な力があり、

 

フリーメイソンもその力には恐れをなしているのだとか。

 

そこでフリーメイソンは、日本人が

 

無意識なうちに洗脳されるように作戦を練ります。

 

どうすれば効果的に無意識に入り込めるのか、

 

長い時間をかけて試行錯誤してきました。

 

そこでたどり着いたのが、「紙幣」だったのです。

 

紙幣の中でも日本人が頻繁に用いるであろう、

 

千円札」に狙いを定めて洗脳作戦を開始しました。

 

それがどういった効果があったのか、

 

ハッキリするのは2062年になってからだそう。

 

千円札に関係する都市伝説について、

 

有名なものをチョイスして紹介しました。

 

普段から頻繁に使用する千円札ですから、

 

外部からの洗脳の標的になりやすいんですね。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

ドル札にまつわる都市伝説!フリーメイソンが関与してた!?
アメリカへ旅行に行けば、使う機会も多いであろうドル札。日本にいると使う機会は無いので、持っている人はほとんどいないでしょう。そんなドル札には、怖い都市伝説が隠されていることをご存知でし・・・