ヒトラーとユダヤ人が関係している恐ろしい5つの真実・真相

ヒトラー ユダヤ人

 

ヒトラーが取った行動の一つに、アウシュビッツ強制収容所におけるユダヤ人の大量虐殺が挙げられます。

 

独裁者であり、残虐性を備えた悪魔という声はこの事件をきっかけに全世界に広まるようになりました。

 

ヒトラーとユダヤ人は、様々な面で関係があると指摘されているのですがご存知でしたか?

 

特に有名なものを挙げると、以下の5つがあります。

 

  1. ヒトラーはユダヤ人が大っ嫌い!というより怖い
  2. 青年時代はユダヤ人と友好的だった
  3. ヒトラーにはユダヤ人の血が流れてる
  4. ヒトラー親族のDNA鑑定でユダヤ人と判明?
  5. ヒトラーはユダヤ人を虐殺などしていない

 

それではこれら5つの説が、どうして有名になったのか、次から詳しく見ていきましょう。

 

 

1:ヒトラーはユダヤ人が大っ嫌い!というより怖い

 

ヒトラー ユダヤ人

 

ヒトラーが指示したアウシュビッツ強制収容所における、ユダヤ人の大量虐殺はその後の世界情勢を大きく変えました。

 

それほどまでの残虐な行動を、どうしてヒトラーは行おうとしたのでしょうか。

 

何が彼をそこまで駆り立てたのでしょうか?

 

最近の研究によると、ヒトラーはユダヤ人を嫌っていたというよりは、「恐れたいた」可能性のほうが高いと分かってきました。

 

スポンサーリンク

 

ユダヤ人は国家を持たない民族として知られ、その強固な結びつきはナチスにとって脅威そのもの。

 

頭脳明晰でも知られており、団結すれば計り知れない脅威になるとヒトラーは肌で感じていたそうです。

 

ユダヤ人に対する恐怖心は日を追う事に強くなっていき、大量虐殺へと進んでいったのだとか。

 

 

2:青年時代はユダヤ人と友好的だった

 

ヒトラー ユダヤ人

 

ヒトラーは青年時代、ウィーンに住んでいました。

 

本気で画家を目指そうと思っていたほど、絵の才能はとびぬけて上手だったヒトラーは、日々の生活資金を稼ぐために絵を描いては商人に売りさばいて生活をしていたそう。

 

当時ウィーンにいた有名な商人はどれもユダヤ人で、ヒトラーはユダヤ人と売買をして生活していたことになります。

 

スポンサーリンク

 

商人とは何度も話し合いを持ち、近くに居合わせた人によれば「後に憎悪をむき出しにする人とは思えない、穏やかな語り口調だった」と証言しているそうです。

 

研究者は「どうしてユダヤ人に対して友好的だったヒトラーが、あそこまで豹変してしまったのかは、今後も研究を続ける必要があるだろう」と語っています。

 

生活を続ける上で必要不可欠であったところを考えてみると、ユダヤ人は命の恩人と捉えても不思議ではありません。

 

ヒトラーの青年期からは、ユダヤ人と友好的に過ごした日々が読み取れます。

 

 

3:ヒトラーにはユダヤ人の血が流れてる

 

ヒトラー ユダヤ人

 

ヒトラーは自分自身、「私の身体にはもしかしたらユダヤ人の血が流れているかもしれない」と疑いを持っていました。

 

そこで側近「ハンス・フランク」に対し、「私の血統を念のために調べてくれないか」と極秘命令を出したそうです。

 

フランクは稚拙な結果を報告したら、自分の命が無いと悟った為真剣に調べてみると、ヒトラーの父が私生児であることが判明しました。

 

ヒトラーにとってみれば祖父にあたる人物が、誰なのか全くわかっていませんでした。

 

しかしユダヤ人がよく住む地域でヒトラーの父を産んだところから見ると、ユダヤ人の血がヒトラーに流れていたとしても不思議ではないでしょう。

 

この報告を受けたヒトラーは顔面蒼白になり、「少し1人にしてくれ」と震える声を出したと言われています。

 

反ユダヤ主義者の代表人物が、ユダヤ人の血を受け継いでいるとなれば、その心中は計り知れない苦悩に満ちたことでしょう。

 

 

4:ヒトラー親族のDNA鑑定でユダヤ人と判明?

 

ヒトラー ユダヤ人

 

ジャーナリストと歴史学者が、ヒトラーの親族およそ40人を対象にDNA検査を行うことにしました。

 

検査を行った中には、ヒトラーの甥の息子や従弟などが含まれていたと言われています。

 

鑑定したDNAにはY染色体はプログループに属する、「E1b1b1」系統が含まれていたようです。

 

この染色体は、北アフリカを起源としユダヤ人に多く流れている一方、ドイツ人やオーストリア人にはほとんど含まれていません。

 

ヒトラーの従弟のDNAから、ユダヤ人に多く見られる染色体が見つかったとなれば、ヒトラーにも同じ染色体があった可能性は非常に高くなります。

 

古くからヒトラーにはユダヤ人の血が流れていると噂が流れていましたが、今回のDNA鑑定はこの説を裏付ける結果となりました。

 

5:ヒトラーはユダヤ人を虐殺などしていない

 

ヒトラー ユダヤ人

 

ヒトラーがユダヤ人を大量虐殺した証拠は数多く残されていることから、歴史的事実であると見るのが一般的です。

 

ところが一部の専門家は、ヒトラーがユダヤ人を殺害する動機が非常に乏しいところから、「本当は大量虐殺などしていないのではないか?」と見ています。

 

では実際に殺されたユダヤ人は、ヒトラーでなければどうして殺されたのでしょうか?

 

そこには世界的な秘密結社、「フリーメイソン」が関係しているようです。

 

フリーメイソンにとって、組織力に長け頭脳明晰なユダヤ人は邪魔でしかありません。

 

どうにか消し去りたいと思っていましたが、直接的な行動をすることは大きなリスクを生むので避けたいところ。

 

そんな時都合よく登場したのがヒトラーで、フリーメイソンはヒトラーを洗脳して虐殺命令を出したのです。

 

つまりヒトラーは、フリーメイソンの操り人形にしか過ぎなかったという訳。

 

ヒトラーとユダヤ人の関係性について、ここでは5つの視点から紹介しました。

 

ユダヤ人の血が流れている可能性や、青年期はユダヤ人と友好的だったなど意外な一面が分かりますね。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

【予言】ヒトラーが残した恐ろしい5つの未来・真実
アドルフ・ヒトラーといえば、20世紀を代表する人物の1人で、歴史の教科書で必ず登場する政治家ですね。民衆を惹きつける演説を得意とし、魅了する能力に秀でていたと側近たちは後日談として語っているほど。そんなヒトラーは、「未来が見える」と思わせるほど、先見の明・・・
ヒトラーに子孫がいる5つの証拠・真相・真実
20世紀に活躍した政治家であり、独裁者としても名高いのが「アドルフ・ヒトラー」ですね。極悪人という扱いを戦後は一環として強調され、このことがヒトラーの親族に対しての精神的な攻撃になりました。そんなヒトラーは、子孫がいないという風に言われていましたが、ここにきて疑問符が付け・・・
閲覧注意!ヒトラーが悪魔に憑りつかれていた5つの根拠・真実・真相
独裁者として恐れられ、最後は妻と自殺という形で生涯を閉じたのが、「アドルフ・ヒトラー」です。その類稀な演説は民衆を魅了させ、高い支持率の中ドイツを引っ張っていきました。そんなヒトラーですが、一部では「悪魔」ではないのかと言った噂が広まっていることをご存・・・