【予言】ヒトラーが残した恐ろしい5つの未来・真実

ヒトラー 予言

 

アドルフ・ヒトラーといえば、20世紀を代表する人物の1人で、歴史の教科書で必ず登場する政治家ですね。

 

民衆を惹きつける演説を得意とし、魅了する能力に秀でていたと側近たちは後日談として語っているほど。

 

そんなヒトラーは、「未来が見える」と思わせるほど、先見の明が良いと評判で、様々な予言を残しています。

 

ヒトラーが残した予言の中でも、特に有名なのが以下の5つです。

 

  1. 1989年以降人類は2極化する
  2. 1989年以降、自然災害が激増する
  3. 2000年以降になると、超人が群集の中から誕生する
  4. 2039年1月に人類はさらに進化する
  5. 2099年に宇宙人と地球人のハーフが誕生する

 

それではこれら5つの予言が、どうして有名になったのか次から詳しく見ていきましょう。

 

 

1:1989年以降人類は2極化する

 

ヒトラー 予言

 

ヒトラーは未来を見通す目を確かに持っていたと、仕えていた側近は皆口を揃えます。

 

側近に対して様々な事柄を話すのを趣味としていたヒトラーは、今後起こるであろう未来の物語を頻繁に話していたそうです。

 

その中に出てきた予言が、「1989年以降、人類は2つのグループに分けられる」というもの。

 

スポンサーリンク

 

1つ目のグループは、支配する側に回る人間で、頭脳明晰で人を惹きつける能力に秀でています。

 

2つ目のグループは、思考停止状態を続け、無意識のうちに支配される側の思うがままに動かされていくのだとか。

 

ナチスドイツは、優秀な人材が多いことを取り上げ、「だが安心したまえ。私がいる限りは支配される側に我々の国民が回ることは決してない」とも述べたようです。

 

ヒトラーの中では、戦争が終結してからしばらくした後、平和という世の中がもたらす後遺症を危惧していたのかもしれませんね。

 

 

2:1989年以降、自然災害が激増する

 

ヒトラー 予言

 

ヒトラーは人類が2極化することにより、それは地球だけに留まらず宇宙にも多大な影響を与えるだろうと指摘しています。

 

宇宙の保たれていた秩序が、人類の変化に伴い大きく乱れ、カタストロフィ(大破局)が訪れるだろうと予言しているのです。

 

具体的に何が起こるのかと、側近がヒトラーに問いかけたところ「今までに類を見ない自然災害が襲うだろう」と警告しました。

 

スポンサーリンク

 

宇宙の秩序が乱れれば、太陽活動や他の星から届く重力波などに乱れが生じ、それが地球の対流活動、地殻運動に影響を与えるのだとか。

 

すると台風が発達しやすくなったり、大規模な地震が次々と発生したり、さらには隕石の落下などもあるかもしれません。

 

人類の変化は宇宙にも影響を与えるというのだから、なんとも不思議な感覚になります。

 

 

3:2000年以降になると、超人が群集の中から誕生する

 

ヒトラー 予言

 

人類の2極化、自然災害の激増など人間が生活するにはどこか不安要素の強い時代が、2000年以降続きます。

 

不安や不満が入り乱れる中、人類の中にごく少数のグループが形成され、それをヒトラーは「超人」と呼びました。

 

そしてヒトラーは、「2000年以降、超人が群集の中から産声を上げる。この選ばれた少数のグループが様々な問題を解決する」と予言したのです。

 

この超人は今までの人間が持っていない能力を有しており、自然災害の発生を抑制したり、宇宙の秩序を元に戻すことができます。

 

さらに人間がトップに立つ政治では、全ての問題を解決できないと思われていましたが、超人が登場することにより見事に政治、治安も安定するように。

 

これだけでも激しい世界が訪れると分かりますが、ヒトラーはさらに先の未来についても予言しており、「神人」が登場するとも指摘しているのです。

 

 

4:2039年1月に人類はさらに進化する

 

ヒトラー 予言

 

2000年以降、超人が全ての人間を良い方向へ引っ張りながら、世の中を安定させていきます。

 

超人が治める世の中が、とても素晴らしいものであったとしても、様々な困難は断続的に人類に襲い掛かるそうです。

 

ヒトラーはこの時代を、「混沌と楽園の狭間」と表現し、ここを経験したからこそ人類はさらに高次元へと進化できるのだとか。

 

ヒトラーはその時期を明確記しており、「2039年1月に人類は神人になる」と予言したのです。

 

この神人になれるのは、2000年以降に「超人」として君臨した一部の人々のみであり、完全な思考、公平なジャッジができるようになるのだとか。

 

残りの人間は、神人が命令した通りに動く操り人形のようになるが、本人たちはそこに不満はないのだそう。

 

神人は人類の感情面さえもコントロールできるので、自らが進んで操り人形になってくれるようです。

 

完全になった神人が政治や自然などを操ってくれるおかげで、ついに桃源郷が世界に登場するのかと思いきや、ヒトラーはまだまだ先が見えていました。

 

 

5:2099年に宇宙人と地球人のハーフが誕生する

 

ヒトラー 予言

 

神人が世界を征服した状態が、およそ60年ほど続いた後、次第に状況は変化してきます。

 

地球外生命体が新しい技術を開発し、地球にやってくることが可能となったからです。

 

神人たちは、人間に対しては絶大な力を持ちますが、未知なる能力を秘める宇宙人に対してはどこか弱腰。

 

さらに宇宙人は神人にとって魅力的な異性へと姿を変えた関係で、宇宙人と地球人のハーフが誕生することに。

 

ヒトラーはこれを、「人類絶滅の序章」と表現しています。

 

2200年ごろになれば、圧倒的な能力を得た宇宙人と地球人のハーフが、人類を完全に滅亡させると予言しました。

 

ヒトラーは絶大な力を持つ政治家だけではなく、予言を正確に具体的に出した人物としても知られています。

 

ヒトラーの予言の中でも、非常に有名な5つについて、ここでは取り上げました。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

ヒトラーに子孫がいる5つの証拠・真相・真実
20世紀に活躍した政治家であり、独裁者としても名高いのが「アドルフ・ヒトラー」ですね。極悪人という扱いを戦後は一環として強調され、このことがヒトラーの親族に対しての精神的な攻撃になりました。そんなヒトラーは、子孫がいないという風に言われていましたが、ここにきて疑問符が付け・・・
ヒトラーとユダヤ人が関係している恐ろしい5つの真実・真相
ヒトラーが取った行動の一つに、アウシュビッツ強制収容所におけるユダヤ人の大量虐殺が挙げられます。独裁者であり、残虐性を備えた悪魔という声はこの事件をきっかけに全世界に広まるようになりました。ヒトラーとユダヤ人は、様々な面で関係があると指摘されているのです・・・
閲覧注意!ヒトラーが悪魔に憑りつかれていた5つの根拠・真実・真相
独裁者として恐れられ、最後は妻と自殺という形で生涯を閉じたのが、「アドルフ・ヒトラー」です。その類稀な演説は民衆を魅了させ、高い支持率の中ドイツを引っ張っていきました。そんなヒトラーですが、一部では「悪魔」ではないのかと言った噂が広まっていることをご存・・・