人類滅亡のXデーすぐそこ?!怖すぎるマヤ文明の「終末」予言!!

マヤ 予言 終末論 ポピ族 ノストラダムスの大予言

 

人類が滅亡するXデーについて、

 

様々な説がこれまで多く登場してきました。

 

これらをまとめて、「終末論」などと呼ばれていますが、

 

一番有名なのが「マヤの予言」による、人類滅亡でしょう。

 

マヤ文明は高度な技術を持っているため、

 

未来を見通す能力にも秀でており、

 

数多くの予言を残しているのですがご存知でしょうか?

 

それではこの予言が、どうして有名なのか次から詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

2012年12月22日に人類は滅亡する!?

 

マヤ 予言 終末論 ポピ族 ノストラダムスの大予言

 

古代「マヤ文明」は非常に高精度な暦を用いており、

 

短〜長期の暦を使い分けて生活していました。

 

長期暦は、187万2000日で終わるので、

 

この最終日が人類滅亡のXデーになるだろうと

 

マヤ文明の末裔「ポピ族」が予言をしたのです。

 

歴史学者などが研究した結果、

 

2012年12月22日が長期暦が終わる日だと断定され、

 

この日がXデーとして終末論で大きな話題となりました。

 

結果的には、2013年になっても人類滅亡には至っておらず、

 

ポピ族の予言はハズレたことになります。

 

ところが一つ大きな間違いを犯していたことに、

 

専門家は気付いたのです。

 

というのも、4年に1度、1日が増える

 

うるう年を計算に入れてなかったのだとか。

 

すると人類滅亡のXデーは変わる訳で、

 

2012年12月22日はまだ長期暦の終わりでありませんでした。

 

では、2015年9月3日が人類滅亡のXデー!?

 

マヤ 予言 終末論 ポピ族 ノストラダムスの大予言

 

2012年12月22日がXデーだと思われていた、

 

マヤ文明の予言ですがうるう年を計算に入れておらず再計算することに。

 

この結果、マヤ長期歴が終わるのは2015年9月3日だと判明しました。

 

マヤの予言によると、暦は通常最後まで行ったら最初に戻り、

 

それが永遠に繰り返されることになっていますが、

 

マヤ長期暦は違うそう。

 

終わりはそのまま、地球が終わることを意味しているようですから、

 

2015年9月3日に人類どころか地球が滅亡するだろうと予言された訳です。

 

ところが2015年9月4日になっても、

 

人類滅亡はしませんでした。

 

終末論の代表的な予言である、

 

ノストラダムスの大予言」でもそうでしたが、

 

多くの滅亡の予言は成就していません。

 

今回のマヤの予言も、その他大勢の成就しなかった

 

予言と同じかと思われましたが、

 

どうやらここでも計算違いがあったようです…。

 

どんだけ間違えるんや!!笑

 

スポンサーリンク

 

2018年12月22日が本当の人類滅亡の日

 

マヤ 予言 終末論 ポピ族 ノストラダムスの大予言

 

マヤ文明は現代でも信じられないほど、

 

技術力が高いと言われています。

 

マヤ長期暦も、複雑な計算を何度もしながら完成したもので、

 

現在のスーパーコンピューターを使っても解読するのが大変なんだとか。

 

専門家がマヤ長期歴を再計算してみると、

 

マヤの予言で言われている人類滅亡は

 

2018年12月22日になることが判明。

 

マヤ歴の始まりの計算が少し間違っていたようで、

 

このような変化になりましたが「誤差の範囲内だ」とする意見もあります。

 

では、マヤの予言で唱えられている人類滅亡の日には、

 

いったい何が起こるのでしょうか?

 

月が地球に衝突し粉々になる!?

 

マヤ 予言 終末論 ポピ族 ノストラダムスの大予言

 

マヤの予言によると、マヤ長期暦の最後には

 

地球の重力バランスが崩れ月がどんどん地球に接近していきます。

 

ある程度の距離に近づくと、

 

制御不能となり月は地球に向かって速度をあげながら接近。

 

そしてついには衝突してしまい、

 

月も地球も粉々になり終わるのです。

 

星が寿命を全うする例は少なく、

 

隕石等の衝突により破壊されて

 

終わる場合が多いと言われています。

 

地球も例外ではなく、月という身近にいる

 

衛星によって最後を迎える可能性は決してゼロではありません。

 

紀元前に存在したとされるマヤの文明は、

 

そんな天文学的な事まで分かっていたんですね。

 

2020年3月20日にマヤ文明が再構築される?

 

マヤ 予言 終末論 ポピ族 ノストラダムスの大予言

 

マヤの予言では、2018年に人類が滅亡すると予言しています。

 

しかしマヤの予言は非常に興味深く「もしも…」という、

 

仮定の予言までも存在しているのです。

 

もしも、期日までに人類が滅亡しなければ、
それは人類の勝利を意味する。
その時はマヤ文明が復活するだろう」

 

このような予言もあるのだとか。

 

では、マヤ文明が復活するのはいつ頃になるのでしょうか?

 

フランス人のジャーナリストは、

 

マヤ文明を研究してきた1人の学者に意見を求めました。

 

様々な状況などを考えると、

 

どうやら2020年3月20日になるのだそう。

 

マヤ文明がどのような形で復活するのかは不明ですが、

 

理解ができないほど高度な技術力を持つ国が

 

建国されるワケですから、大きな騒動に発展しますね。

 

マヤの予言の中でも一番有名な

 

人類滅亡について、紹介しました。

 

現代でも解明できないほど高度な

 

技術力を有していたとされるマヤ文明

 

残した予言が、どう世界に関わってくるのか興味が尽きませんね。

 

引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!

関連ページ

怖すぎる!イルミナティカードが予想している未来の予言とは!?
1995年にアメリカのゲーム会社が販売したカードゲーム「イルミナティカード」は、販売直後から世界各国で大きな話題となりました。というのも、このカードには世界で起こるであろう様々な予言が描かれており、実際に的中した事件・事故もあるのだとか。 そんなイル・・・
火山の噴火を予言?未来人が残した恐ろしい予言とは!?
インターネットという通信手段が発達し、物理距離を無視して情報交換・共有ができるようになりました。こうした環境が整ったところ、インターネットの掲示板に時折「未来人」が登場し、様々な予言を残していきます。数多くある予言の中でも、特に有名になっているのが以下・・・
【大震災】日本に大きな被害をもたらす地震の予言とは!?
日本は地震大国で、世界で起こる地震の実に10%が日本周辺で発生している状況です。そのため、生活と地震は切っても切れない関係にあるので、地震に関する情報には常に敏感になっています。そうした中、未来人などが現代に登場し、地震の予言をしていることをご・・・
Xデーは近い?第三次世界大戦が起こる未来の予言とは!?
20世紀に入り2度の世界大戦を経験してきた人類は、局所的な戦争が度々勃発していますが、世界規模の戦争に発展してはいません。ところが、第三次世界大戦がいつか開戦されるだろうとする予言は、古くから、さらに未来人からも出されていることをご存知ですか・・・
こんなに予言されてた?東日本大震災の怖すぎる予言とは!?
2011年3月11日に発生した、東日本大震災は日本における影響は非常に大きなものでした。地震が身近にある日本では、生活と防災は切って切れない関係にあるだけに、地震関係の噂話などの関心は強いです。そうした中、東日本大震災を事前に予言していた事例が、後になって・・・
【予言】ファティマ第3の予言が公開されない理由と怖すぎる真実
ポルトガルの小さな村「ファティマ」に住む3人の少女の前に、聖母マリアが現れ数々の奇跡を起こしました。そして3つの予言書を渡し、公開時期を指定した通りにするようマリアは命じたのです。これが「ファテイマの予言」と呼ばれるもので、2番目までは公開され残すは第3の予言・・・
滅亡だけじゃない!まだ知られていない【ノストラダムス】の予言!!
フランスの医師として活躍した、「ミシェル・ノストラダムス」について、名前だけでも聞いたことがある人は多いでしょう。占星術師として、数多くの予言を残しその内容は、「ノストラダムスの大予言」という本が出版されたことで一躍有名に。そんなノストラダムスは、人類滅亡以外にも数多くの・・・
日本は絶望の危機に!?日本の未来が分かる有名な予言!!
日本の未来がどうなるのか、現代を生きる日本人であれば誰もが気にするところではないでしょうか?未来は非常に複雑なので、予想しても外れることがほとんど。そんな中、日本の未来を知るための唯一の手段として知られているのが、予言です。日本の未来に関する予言は、か・・・
南海トラフ地震はすぐ起こる?!予言から見える真実とは!?
日本周辺は、世界で発生する地震のおよそ10%が集中しているため、地震大国日本とも言われています。毎日のように起こる地震は、いつ、どこで発生するのかが全く分かりませんが、その中でも高い確率で起こると指摘されているのが南海トラフ地震です。多くの犠牲者が出ると・・・